2024年5月1日
新着情報マーク
IATA危険物規則書(2024年第65版)のADDENDUM 発行
IATA危険物規則書(2024年第65版)のADDENDUM(邦訳) 公開
2024年4月1日
7.2コース、リチウムコース セミナー受講生募集開始
7.2コース、リチウムコースの募集を開始しました。
2024年2月16日
航空危険物規則書 第65版(2024年版)主要な改定点【JACIS発行/訂正版】
付録Hの改定点を追加しました。
2024年2月13日
2024年度 セミナー受講生募集中
2024年度スケジュールの公開直後は非常に多数のお申し込みを頂きます。
受付状況によりましては満席の場合お断りする場合がございます。 当会からの受付完了メールの送信をもちまして、お申し込みの確定とさせて頂きます。 また、受付完了メールおよび満席のメール送信はお時間を頂きますが、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
2023年12月18日
航空危険物規則書 第65版(2024年版)日本語版正誤表【JACIS発行】
航空危険物規則書 第65版(2024年版)に訂正がございましたので
正誤表を掲載いたします。
本訂正は日本語版のみの訂正であり、英語版の訂正は必要ありません。

2023年11月28日
航空危険物規則書 第65版(2024年版)主要な改定点【JACIS発行】公開
第65版は改定点が少ないため、「特別講習会」の開催はございません。
2023年11月28日
IATA航空航空危険物規則書 第65版(2024年版)重要な改定点の邦訳【IATA発行/予告版邦訳】公開
2023年10月18日
航空危険物規則書 第65版(2024年版)予約受付開始
2023年10月17日
航空危険物規則書 第65版(2024年版)料金のご案内
為替の変動(円安)および諸経費の価格の値上げ等の影響により、
価格改定をいたしました。 諸般の事情について何卒ご理解を賜りますよう
お願い申し上げます。
なお、予約開始日および発送開始予定日につきましては、別途ご案内致します。
2023年8月21日
IATA航空危険物規則書 第65版(2024年版)重要な改定点【IATA発行/予告版】公開
2022年12月20日
IATA危険物セミナー コース名変更のお知らせ
2023年1月1日以降、以下のとおり変更となります。
旧 H6.1 → 現 H7.1
旧 H6.2 → 現 H7.2
旧 H6.3 → 現 H7.3
2022年10月3日
2023年1月1日以降のセミナーについてのお知らせ。
現行のカテゴリー6のセミナーは2022年12月31日に廃止となり、
2023年1月1日からはCBTAに基づくセミナーとなります。
JACISのセミナーは以下のとおりとなります。
H6.1(危険物を取り扱う荷主様用)
H6.2(危険物を取り扱わない荷主様用)
H6.3 (フォーワーダー様、空港関係者様用)
注1:2023年1月1日以降、カテゴリー6のDIPLOMAは2年間有効となります。
注2:有効なカテゴリー6のDIPLOMAをお持ちの方はH6.3のリカレント・コースをご受講できます。
注3:現時点において、2023年1月から3月のカテゴリー6のセミナーを予約されている方はH6.3に読み替えますので、カテゴリー6のセミナーをキャンセルし、H6.3を予約する必要はありません。H6.3以外をご受講される方はカテゴリー6のセミナーをキャンセルし、別のセミナーのご予約をお願い致します。

尚、セミナーの内容等については、こちらの添付資料をご参照願います。

2022年8月4日
修了証書(certificates)の電子化につきまして、以下とおりご案内致します
1. 従来の番号はなくなりました。
2. 修了証書は偽造を防ぐためにIATAで電子シールをしております。
確認方法は以下のとおりです。
(1) IATAの証書認証画面を展開する。
(緑色のシャツを着た男性が微笑んでいる画面) https://www.iata.org/en/training/courses/validate-certificate/
(2)画面を下へスクロールして、緑の「SCAN QR-CODE」でなく、
「UPLOAD DOCUMENT」を実行する。
(3)認証が有効な場合は、緑色でIATAの登録内容が表示されます。
(4)認証が有効でない場合は、赤色で「No QR CODE DETECTED」と表示されます。その場合はJACISへお知らせ願います。IATAに確認してもらいます。
 
2022年7月25日
IATA CBTA教育訓練に関するお知らせ
2023年1月1日から開始されましたIATA CBTA教育訓練の導入に伴い、
移行期間における IATA危険物教育DIPLOMAの有効期限等につきまして
以下のとおり、ご案内致します。
現行のCAT6(カテゴリー6)のDIPLOMAはCBTA移行後も2年間有効となります。 2023年1月以降、当協会ではCBTA教育訓練としてH6,1,H6.2,H6.3の三種類の教育訓練を実施する予定です。

H6.1(主に荷主様を対象とした内容、試験込みの3.5日間)イニシャルコース、リカレントコース
H6.2(主に荷主様を対象とした内容、試験込みの半日~1日間)
H6.3(現行のカテゴリー6の講義範囲とほぼ同じ3日間、但し放射性物質はプラス1日、勿論荷主様もご受講いただけます。)イニシャルコース、リカレントコース
FWDR様はH6.3をご受講された場合、H6.1は不要です。H6.3で分類等もご説明いたします。

2023年1月以降にカテゴリー6のDIPLOMAの有効期限内の方がH6.3をご受講される場合は、H6.3の リカレント・コースをご受講いただくことになります。
尚、現行ホーム・ページに掲示されている2023年1月から3月までのセミナー・スケジュールはH6.3となる見込みですが、スケジュールの変更の可能性があります。
2022年7月6日
電話相談の月曜休業のお知らせ
JACISでは年末年始等を除く月曜日から金曜日の10時から17時に
危険物規則に関する相談を電話にて受けておりますが、
7月25日(月)から当面の間、月曜日は休業とさせていただきます。
つきましては、他の曜日にお電話いただきますよう、お願い申し上げます
2022年5月23日
IATA CBTAに関するお知らせ
JACISは2022年5月20日付けでIATAからCBTA PROVIDER(*) の認証を付与されました。2023年1月からIATAのCBTAプログラムに沿った危険物教育へ移管していきます。過渡期として2022年12月31日までのDIPLOMA は2年間有効となります。現在、CBTAに基づき新しいカリキュラム等の詳細内容を準備しており、10月以降、受講者皆様へご案内する予定となっております。
(*)CBTA(Competency-Based Training and Approach)、能力に基づく教育訓練 および評価の取り組み